JARL第5回定時社員総会報告②

みなさんこん**は。

さて、昨日に続き、定時社員総会の報告をいたします。
昨日、第1号議題可決のところまでご報告いたしましたので、5分ほどの休憩を挟んで再開された後のことを書いていきます。

休憩後の15:00に議事が再開され、第2号議題 役員選任の件についての審議となりました。
先の選挙で選ばれた"理事候補者"15名と推薦理事2名、監事2名に対する役員選任が協議され、協議に先立って各社員には事務局から理事候補者の略歴が配布されました。略歴には氏名、生年月日、最終学歴と簡単な職歴等が記載されておりA4版裏表2枚の資料です。この資料は個人情報ということで当該議事終了後、記名の上、回収されますが、カメラで堂々と撮影されている社員もいましたHi

さて、選任方法について議長から個別議決とするか一括議決とするか諮られました。「一括で良いだろう」という発言が多かったわけですが、3エリアの社員を中心に「個別にしろ」という声が上がり、個別議決を希望する社員が複数いたため規則に基づいて個別議決(挙手採決)とすることが決まりました。
ただ今回は前回までとは違って大きな混乱等は無く、一番、賛成が少なかった候補者でも7割以上の社員が賛成に挙手しましたので15:34に19名全員が選任されました。

私は全ての候補者に賛成挙手しております。

個人的には理事にふさわしくないのではと思う候補者もおりましたが、他エリアの地方本部区域選出の候補者であったので、そもそも投票権が無かった候補者に対して、拒否するのはその地域の会員の声を無視するという意味ですべきでないと考えました。

続いて第3号議題 定款の変更の件に移り、山之内会長が主旨を説明しましたが、実に呆れるものでした。
まず変更の内容を簡単に書きますと「名誉会長職」を置き、「名誉会員(※名誉会員は現在1名のみ)」中からそれを選ぶというものです。
その理由として山之内会長から「先日、読売新聞で原昌三元会長(JA1AN)によるアマチュア無線の連載があり、社会的な反響が大きかった。88歳になられてなお政財界とつながりがあり、今後もそうしたつながりを生かして欲しいと考えている」と言う事でした。
つまり私が準備書面(事前質問)で指摘したとおり、特定の個人のために定款を変更するという内容でした。

これに対しては私をはじめ反対意見が続出したわけですが、中には「定款変更によって将来、ノーベル賞を受賞した天野浩さんのような方を名誉会長にすることも可能となるので大賛成」という意見もありました。
無給の名誉会長職を置くこと自体は必ずしも反対ではありませんし、仮に天野さんのような人物がそうした肩書きでアマチュア無線の振興に協力していただけるなら私も大賛成です。
しかし、今回の定款変更は「JA1ANさんのためのもの」ということをはっきりと山之内会長が明言されている状態でしたので、議論に値しないと思いました。
アマチュア無線の振興とは関係の無い個人顕彰である上、「名誉会長候補」の人物は現在のように莫大な赤字が毎年続き、組織が消滅に向かう原因を作った張本人だからです。むしろ「不名誉会長」ならばふさわしいかもしれませんHi

さて、定款変更には出席社員の2/3にあたる85人(委任状含む)の賛成が必要ですが、事前に議長から「仮に賛成が83または84となった場合には採決に加わらない正副議長が加わって判断する」ことが報告されました。

採決は挙手によることとなり、事務局職員が座席各列を回り賛成者の数を往復して2度、数えることとなりました。
結果は賛成58人で16:00に否決となりました。

もちろん私も上記の理由により反対いたしました。否決された後の山之内会長の写真は撮りませんでしたが、苦笑いされました。

(続く)

JARL第5回定時社員総会報告①

みなさんこん**は。

このブログでもお知らせしたとおり、先週、6月26日(日)東京で行われた第5回定時社員総会に出席しました。
総会での決定事項や新役員等についてはJARLのホームページで公開されていますので、そちらをご参照ください。
http://www.jarl.org/Japanese/2_Joho/News2016/2016_news-6.htm#0620

さて、今年も3回ほどに分けて、私が見た総会の様子をお知らせしたいと思います。
会場は前回までと同じ都庁に近い新宿中央公園すぐ西側のベルサール西新宿です。
KIMG2110.jpg

KIMG2111.jpg

席はこれも昨年同様、一番後ろです。
KIMG2114.jpg

総会の開会に先立って会員が増加した支部の表彰がありました。
開会は予定通り13:00。定年によって退職するJA7AIW 山之内会長が挨拶されました。
P103075820.jpg
会員増強キャンペーンのお陰で減少幅が最小だったと話しておられました。

そして出席社員の中から議長・副議長の選出。
今年はJA1STY鈴木氏が議長、JH1NLL安部氏が副議長に指名されました。

続いて総会成立審査があり、社員数127人に対して12:50現在の出席116、議決権行使書面4、委任による出席1の計121で、
総会が成立している旨、事務局から報告がありました。

議事の1つめ第1号議題は平成27年度決算の件でした。
今年は準備書面(事前質問)が私を含め36名から提出されており(昨年の2倍)、その回答という形での議事進行となりました。
第1号議案に関しては「創立90周年事業」に関する質問が中心で、費用対効果を尋ねるものが多くありました。
事務局からの説明によれば500万円ほどの予算を投じ、650万円ほどの収入があったとのことでした。

そして、ここから議事が進まなくなったのですが・・・
3エリアの社員から、関西アマチュア無線フェスティバル(関ハム)の補助金に関する位置付けについて質問が出されており、山之内会長との間に延々、かみ合わない議論が交わされました。

関ハムに対しては毎年、JARLの「広報費」から50万円の補助が出ているそうですが、昨年度は関ハム側が応募もしていない
「会員増強企画」に位置付けられたいうものです。
関ハム側は「イベントはアマチュア無線の振興が目的で会員増強では無いので、この項目での支出はおかしい」という主張でしたが、会長側はそれに関する明確な答弁をせず、延々とやり取りが繰り返されました。

どの費目からカネを出すの出さないのなどと言う話はおよそ一般会員に取れば関係無い話で、また関ハムに行く人間も会員の割合にすればごく僅かなわけですので、これは聴いていて実にくだらないやり取りで、極めて時間のムダになったわけです。

議事運営も昨年のJH1LWPさん等は非常にスムーズな運営をされていましたが、今年は議長経験が浅い方のためか、なかなか上手く進められなかったようです。

結局、挙手による採決が行われ、14:52、賛成多数で第1号議題は可決となりました。
私も賛成に挙手しております。

昨年から比べ少し改善が見られたのは、昨年度の総会で提案があった決算書類でした。
これまでは国の指示に従って、公益目的等3つに分かれたバラバラの書類で、いちいち計算しないと全体の数字が見えませんでしたが「参考資料」として全てトータルした数字の表が示されていましたので、社員としては分かりやすくなっていました。
なお、昨年度も6,000万円の赤字です・・・。

(続く)

JARL第5回定時社員総会 準備書面

みなさんこん**は。

先週は仕事がQRLLでEスポシーズンでしたが無線はちょこっと家から遊ぶ程度でした。
さて、年1回のJARL定時社員総会が6月26日(日)午後、東京で開催されます。
そこで、その準備書面(事前質問)を今週初めに提出いたしました。

今回の総会議題は第1号議題 平成27年度決算の件、第2号議題 役員選任の件、第3号議題 定款の変更の件、以上3つが用意されており、報告事項として(1)平成27年度事業報告、(2)平成28年度収支予算、(3)平成28年度事業計画、が予定されています。

前年度は「創立90周年事業」(先週日曜日6/12が"その日"でしたが、"90Y"局もあちこちQRTで盛り上がらず終わりましたね・・・)を中心に色々ありました。
言い出したらキリが無いのですが、総会の時間にも限りがあり、やたら質問をしたところで最後は雑な答弁に終始されてしまいますので、準備書面はA4、1枚にまとめました。

社員総会準備書面JE6HCL 
特に定款の改正は名誉会員の中から名誉会長を置き、アマチュア無線の活性化につなげるというものですが、名誉会員は現在1名(長年JARL会長をされたH氏のみ)、ここから名誉会長を置くというのは全く解せない話です。
この点については他の社員からも色々と意見が出そうですが・・・。

そして、会員の大きな関心事であるのがQSL転送の関係でしょう。QSLの転送だけが目的でJARL会員になってます。という方も多くいらっしゃると思います。
"島根ビューロー"では毎月100万枚の紙QSLカードの仕分けと転送が行われているわけですが、その費用たるや膨大。
昨年度は「QSLカードが信書便かどうか」という問題で発送方法が変更となり莫大な予定外の送料負担が生じました。

もう世界的にはLoTW(ログ照合システム)や電子QSLの普及でアワード申請等もペーパーレス化が進んでいる時代です。
いつまで紙でやってんの?と思いながらも、私も紙QSLには愛着がありますHi
バンド・モード、QTHの重複分でも構わずQSLを送られる方もおられますが、もう少し効率化したいところ。

電子QSLについては昨年の総会でも質問したのですが、結局、1年経っても何ら議論や方向性が見えない。
ARRLにように国内同士のQSL転送は廃止、とまではいなかくても電子QSLの普及で少しでも紙QSLを減量したいと思うのですが。

私の中では紙QSLを半減させて、浮いた分を赤字の穴埋めや新規事業に回して赤字財政からの脱却、若年層への支援の財源としたいと思っています。財源なくして何らかの事業をやるのは不可能です。

それで"スカスカ"でも送られてくる「箱」が発送方法としてそもそも妥当なのかどうか(以前のブログでも書きましたが・・・)、数十枚程度しかQSL交換をしないほとんどの会員との不公平感の具体的根拠。このあたりも明らかにしたい。

そういう思いを持って準備書面を作成しました。
準備書面はあくまで「優先的に回答を受けられる」という種類のものですので、当日の質問ももちろん可能です。

選挙制度から始まって、九州だと宮崎県支部長の長期不在など、あらゆる問題がありますが、そういう状況にも関わらず、昨年、初めて総会に参加して一番強く思ったのは”出席社員の2/3は何ら発言することもなくイスに座ってるだけ” という事実。
旅費や会場使用料など総会には360万を超える大きな予算がかかっています。赤字財政のJARLにあって、出席される方はその意味を考えていただきたいと思います。座ってるだけの社員を全てクビにするならあと2回は実のある会議が開けますよ(苦笑)

皆様方のお近くで社員の方を見かけたらぜひ、"ケツを蹴り上げて"奮起をうながしてくださいね。

JARL社員総会報告③

みなさんこん**は。
しばらく仕事がQRLでブログアップできずでした・・・。

この間、ALL ASIAN DX(CW)と7月4日~5日は6m AND DOWNコンテストに参加しました。

さて、JARL社員総会報告の続きですが、議案の採決に続いて休憩を挟み本来は執行部からの報告事項ですが、執行部からは準備書面および当日質問に答える形での報告となりました。

その中で一番注目されたのはQSL転送に関わるクロネコヤマトの引き受け拒否問題ではないでしょうか。
既に様々なところで報じられていますが5月分から突然、クロネコヤマトがQSLの配送を拒否し、ビューローからのQSL送付は郵便に変更されています。
この問題が起こる前から既にメール便は9月に終了することが発表されていましたが、その間の送料について事務局から現行1,200万円が2倍またはそれ以上に増加するとの見通しが示されました。
これは一部会員からのクレームによってクロネコが転送拒否することとなったとのことで、当然「この会員を除名せよ」と言った声が総会会場でも出されたわけです。
ただ、クロネコが拒否に至った理由はQSLカードが「信書」にあたるかどうか。という所で総務省は「信書にあたる」と見解を示しています。
信書(一般信書)は現在、わが国において日本郵政しか扱えないのでクロネコはこれを理由に取り扱いをやめたわけです。
JARL事務局としてはQSLカードは信書に当たらないと考えていたようですが甘かったと言わざるを得ません。

ではクレームをつけた会員、総務省の見解を確認しなかったJARL事務局、どちらが悪いのかという話ですが、どうでしょうか。

私もこれまで様々な行政の現場で仕事をしましたが行政担当も人間。一般の利益になることであればあえて行政側からとやかく言うことはしません。ただ文書等で公式に見解を求められれば、法規に基づいて、拒否というようなことは多々あります。
ですからこの問題はまさに「藪ヘビ」なのです。
一部クレームをつけた会員は何がしたいのでしょう。何らの利益にならない。「穿った正義」だと言わざるを得ないでしょう。

今回は私は準備書面は用意しなかったのですが、以下2点事務局に申し上げました。
1 電子QSL導入についての現状報告を求めました。
事務局(専務理事)から「現段階では委員の選任にあたっている」との回答がありました。
既にeQSLやログ照合システムLoTWなど世界はQSL電子化の流れにあります。
私は紙QSLの良さを否定はしませんが、QSLは基本的に電子化し、紙QSLを希望する場合は従量制にするのが理想だと考えています。それによって莫大なQSL転送費用を抑えることができるでしょう。今後もこの動きに注視していきたいと思っています。

2 若年ハムの育成について(意見)
会長から「若年ハムのために入会金を半額にした。」という報告がありましたが、20歳未満の会員が一体どれだけいるというのでしょう。平成26年度で正員、家族会員含め僅か549人(正員355人)です。会員全体の1%に満たない数です。

半額免除と言わず18歳までは会費全額免除、あわせて18歳未満の新規入会者には抽選でリグ、アンテナをプレゼントぐらいやったらどうですか!と言ってきました。
隣の席の8エリアの社員の方に「すばらしいご意見でしたね。」と褒められましたHi

冗談抜きにそのぐらいやってもらいたいもんです。

報告はひとまず今回で終了といたしますが、書面および当日質問をおこなった社員が少なかったことに驚きました。特に各支部長が社員になっているわけですが、全般的に質問が少なく感じられました。
当然のことですが支部長は支部のトップですから、社員として全体の総会に出る現行制度自体がおかしいのかなと思います。仕事のターゲットが少し違う。
わが国の政治の世界では地方の首長が国会議員を兼ねることはできません。同様にJARLの制度も支部長と社員は役割分担が必要でしょう。

JARL社員総会報告②

みなさんこん**は。

先週末はALL ASIAN DXコンテスト(CW)に参加しました。
今年も14MHzで参加し、昨年を随分上回る局とQSOできました。
DXコンテストの入賞はうちの設備では極めて難しいですがログは出しました。

さて、前回から少し時間が空きましたが社員総会報告の続きです。
第1号議題の可決に続いてJA3HXJ 長谷川氏死去に伴うJG3CCD 石本氏の理事関西地方本部長就任の承認を求める第2号議題の審議に移りましたが、ここで石本氏の理事就任を何としても否決したい3エリア選出の社員、支部長が騒がしくなりました。
会場入り口で、社員にこの第2号議題に関しての資料を配布していたようですが、ある3エリア社員が「会場内で配布させろ」と言い出したのです。
bell.jpg
▲開会前の会場(ベルサール)入口。ジョギングしている人(オレンジのシャツ)の先で「資料」配布が行われていた。

これは事前に事務局に提出する総会質問準備書面に関して、その添付資料(石本氏のブログの写し)を「中傷の可能性がある」として事務局が削除した上で各社員に配布したことによります。

議長がこれを混乱を招くためとして制すると、大阪支部長が休憩を求め、会場の外で資料の配布を求めたのですが、これも「休憩は採決後に」として議長が制しました。
私が見た限り、今回の議長JH1LWP 島田氏は大変、円滑かつ公平に議事運営をされていました。

さて、JARL職員が出席社員全員に石本氏に関する履歴(学歴)を書いたA4一枚の資料を配布しました。
この資料は個人情報にあたるため採決後、事務局が回収するので各社員はコールサインと名前を記入するのですが、何名かの社員は筆記用具を持ってきておらず事務局が貸し出していました。
筆記用具を持って来なかった社員諸氏は総会の内容を全て記憶して、支部や地元に帰って報告するのでしょうか。社員は高齢者がほとんどでしたがすごい記憶力の持ち主が多いのでしょう。

採決の結果は既報のとおり賛成13票、保留8票、反対多数(104票)で否決となりました。
以後、3エリアの方々は質問することもなく借りてきたネコのようになってしまいました。目的が達せられたためフェードアウトされたのでしょう。

私はこの第2号議案について、賛成票を投じた13名のうちの1名なのですが、それは石本氏が関西地方本部選出の候補であり、3エリア以外には投票権が無かった。また660名もの3エリア会員が投票しており、多数の会員の意向を他エリア選出の社員が否定することは、著しく民意に反する行為に当たるためです。

理事の選任に関して、現行の会員の選挙で「理事候補者」を選出し、それを社員総会に諮る制度は極めて機能不全であり、過去の社員総会でも毎回、公正な選挙によって選ばれた候補者の理事就任が妨げられる結果を招いていることは周知のとおりです。また毎回こう言ったことが行われることで嫌気がさした会員の退会も相当数招いております。

自分たちの身勝手な意見で会員の意向に反する投票行動を行っている社員のたちは会員の退会によって減少した会費分を補填してくれるんでしょうかね。

つづく
訪問者
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2拍手ランキング
FC2拍手ランキング
プロフィール

JE6HCL

Author:JE6HCL
JE6HCLのブログへようこそ!

FC2拍手ランキング
カウンター
カテゴリ
JE6HCL's掲示板
ご意見など、お気軽にどうぞ。
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR