Diamond DXCC アワードが届きました。

ARRL(アメリカのアマチュア無線連盟)がDXCC 75周年を記念して昨年1年間の期間限定で1937年当時のDXCCカントリーリストに基づく地域との交信によって発行するDiamond DXCCアワード。当局は111カントリーとQSOできましたので、昨年12月25日に電子申請を行いました(申請後に1カントリー増えましたが Hi)が、本日、ARRLからアワードが届きました。

DDXCC Blog


申請からほぼ1ヶ月でした。デザインは想像通りFBです!
ただサイズはA4より微妙に大きい…なのでA4の額縁には入らず、B4の額縁には小さすぎるという困りものです。

毎度、書きますが今の固定のリグ、アンテナは今までのHAM人生で最も貧弱です。
ですから当初、100カントリー達成は極めて難しいと思っていましたが、全て固定からのQSOで、アワードを得ることができました。
ビッグステーションには全く太刀打ちできませんので、イライラすることもありますが、達成できた時の喜びはビッグステーションには絶対味わえないものがあります。
小さなことで感動できるのは本当に有り難いもので、得した気分にさえなれるものです。

今後も弱小設備で世界中に微弱な電波を飛ばしてやろうと思います。

さて、近着のQSLを2点ばかり紹介します。
まずは昨年9月に行われたDXペディション、NH8S(米領サモアのスウェインズ島)14,18,21,24MHzでQSOできました。QSLマネージャーAA4NNから3ヶ月。
NH8S Blog
オンラインQSLリクエストもありましたが、ダイレクトの最低金額が4US$だったのでIRCを1枚入れて送付しました。

次はBY1WXD/0(中国チベット自治区)、中国でもアクティビティが最も低い0エリアです。中国主催のコンテストに合わせた中国人によるペディションです。2つ折りのQSLです。
【表】
BY1WXD Blog
【裏】
BY1WXD ura

当局の貧弱な設備では山に囲まれたチベットからのシグナルは終始弱く、諦めかけましたがコンテスト当日の午前中、フワっとシグナルが上がり21MHz CWでQSOできました。1時間以上ワッチを続けた甲斐がありました。
ちなみにかつてチベットは半独立国だったのでDDXCCでは中国とは別カントリーとしてカウントできました。
中国の0エリアとは以前1度、JO2LSV時代に新疆ウイグル自治区から運用していた局とQSOしたことがありましたがチベットは初でした。

最後にCE1/K7CA(チリ)、14MHzと28MHzのCWでのQSOです。いずれもコンテストの時の交信です。
QSLマネージャーNW7Oから2ヶ月。
CE1 K7CA
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2拍手ランキング
FC2拍手ランキング
プロフィール

JE6HCL

Author:JE6HCL
JE6HCLのブログへようこそ!

FC2拍手ランキング
カウンター
カテゴリ
JE6HCL's掲示板
ご意見など、お気軽にどうぞ。
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR