JARL第6回定時社員総会報告③

みなさん、おはようございます。

1回空きましたが、6月25日のJARL社員総会報告の3回目です。
1号議題可決後、20分の休憩を挟んで正副議長が交代しました。

そして、報告事項である。
(1)平成28年度事業報告
(2)平成29年度収支予算
(3)平成29年度事業計画

となるわけですが、前回までと同じく、事務局が準備書面(事前質問)に対して、
提出順にひたすら回答を行なうというスタイルになりました。
準備書面提出の社員と順番は下記資料のとおりです。
なお、締め切り後(総会の7日前より後)に書面を提出した社員が1人いたとの報告が事務局からありました。
EPSON05730.jpg

事前調整等が図られていないため、今回も質問の重複がエンドレスでありました。
特に質問が多かったものとその回答は以下のとおりです。

①理事の定年制廃止について
内容;現在JARLの理事は満75歳に達した場合と連続4期(8年)務めた場合には次の理事選挙には立候補できない。
という理事会の申し合わせがありますが、この申し合わせが妥当かどうか現在、ワーキンググループを立ち上げて検討
が行なわれています(会議は社員総会までに1回だけ、その後、7月に入って1回開催)。

3エリアの社員を中心にこの申し合わせを撤廃するつもりではないのか?という質問・意見が相次ぎました。
⇒事務局・会長の回答は「現在、ワーキンググループで検討中です」という回答のみ。
しかし、彼らは延々と食い下がり、「ワーキンググループのメンバーの大半が75歳を超えているのだから、撤廃の結論
ありき」だと言った主張を繰り広げ、仲間が発言すると一斉に拍手するわけです。
団結というのか、その場にいた人間としてはある種、異様な集団という印象を受けました。
定年制の撤廃には私も大反対ですが。

ちなみにJE8KQRさんが社員の年齢を挙手で尋ねた際、20代はゼロ、
30代は2名(私とJN4THOさん)、40代がちらほら。あと大半は50代以上ばかり。理事は言わずもがなHi
これ以上、おじいちゃんの理事増やしても衰退まっしぐらでしょ。

②YOTA(Youngsters On The Air)関係
内容;IARU Region 1(欧州等)の連盟が毎年持ち回りで行なっているYOTA(今年は8月に英国で開催)
=若者のハムを養成するための"無線合宿"に日本からも2名の若者を派遣することとなり、その旅費の一部
(2人で20万円)をJARLが負担することになりました。

多かった質問は
1「決定の経緯と公表の遅れ」について。
⇒(事務局回答)派遣に対してクレームがあり、それによって派遣内定者が辞退を申し入れた(後に撤回)ため。
          派遣者2名には9月のハムフェアで受講内容の報告を求める予定。

2「日本版YOTAを行なうための規制緩和措置要望」
(3エリア選出社員から)免許等の規制緩和について、3エリア有志で直接、赤間二郎総務副大臣に要望活動を行なった。
赤間副大臣からは「非常に良い取り組みだからJARLとして要望してほしい」との返答だったので、すぐに要望を上げろ。
⇒(事務局回答)検討する。ただし、総務省の担当者はこうした頭ごなしのやり方をされたため非常に気分を害している。

私も是非、アジア各国の若者ハムを集めて同様の取り組みをやってみると面白いと思いますが、やはり日本は規制が多い
ので、なかなか難しいでしょう。主催は日本(JARL)ですが、開催するのは免許要件が緩い他国でやって実績を積み重ねた
上で、いずれ日本で開催する方向に持っていくと言ったやり方も考えていいのかもしれません。

つづく
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2拍手ランキング
FC2拍手ランキング
プロフィール

JE6HCL

Author:JE6HCL
JE6HCLのブログへようこそ!

FC2拍手ランキング
カウンター
カテゴリ
JE6HCL's掲示板
ご意見など、お気軽にどうぞ。
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR