JARL第5回定時社員総会報告③

みなさんこん**は。

すっかり間が空いてしまいましたが、JARL定時社員総会報告の3回目、今回が最終回です。

さて、前回までに3つの議事についてのご報告をしましたが、議事、終了後、準備書面への回答という形で報告事項が
取り上げられました。
報告事項には平成27年度事業報告、平成28年度収支予算、平成28年度事業計画が含まれます。
平成28年度の予算および事業計画については議事ではなく「報告事項」となっているため執行部は社員総会の議決を得る
必要がありません。
私もいくつかの他の団体で役員、事務局様々な立場で総会に出席することがありますが、新年度の予算や計画を審議
できないのはJARLのみです。これは他の社員からも質問が出されましたが事務局からは「定款上、そうなっている」という
説明があったのみです。

さて、今回は36名の社員から122ページに及ぶ大量の準備書面(事前質問)が出されていたため延々と事務局が回答を
読み上げるスタイルになりました。
私の準備書面については以前にも掲載しておりますが、再度掲載いたします。
社員総会準備書面JE6HCL

このうち②の報告事項関係ですが、事務局からの回答は以下のとおりでした。
「QSL・SWLカード転送関係」
【質問1】に対して。
【回答】郵便の割引は無いため負担増となっている。

【質問2】に対して。
【回答】2ヶ月ごとに1,000件の会員に対して、ダンボール箱でQSLの転送を行っている。年間だと2万6千件となり会員の4%に
あたる。発送方法については50g未満が定形郵便、~250g未満が定形外郵便、~1kg未満がレターパック、
1kg以上がダンボール箱で定形外郵便、2kgを超えると佐川急便の信書便。

【質問3】に対して。
【回答】JJ1WTL本林氏の質問で回答しているため省略。

「平成28年度事業計画」
【回答】次世代育成の取り組みとして、パンフレットの作成、JARDに協力して新人育成をしている。日本無線協会が行う試験
へのJARL職員の派遣。などをおこなっている。

準備書面への回答のみで1時間半も経過する中でしたので、追加の質問をすることは残念ながらできず、消化不良でしたが、
特に電子QSLの問題はLoTWのようなログの照合は行わず、単なる電子メールでのQSLのやり取りに留めるイメージのようで
す。
結局のところ電子システムでのログ照合によってアワードの申請ができるというようなことにはならないようで、システムが
スタートしたとしても相変わらずごく一部の会員のみが大量の紙QSLを交換し続ける状況は続きそうです。

毎回QSLが箱で届く会員は定形外郵便1kgの送料(870円)だけでも年6回転送で5,220円。7,200円の会費の大半の元が取
れるわけですが、それほどQSLのやり取りをしない会員との差は送料だけでも大きいわけです。
私自身はもちろん毎回2kgを超えるQSLのやり取りをしておりますので佐川便ですがHi

昔のようなQSL転送費用の従量制を提案した意見も出ましたが、事務局からは「事務量が多くなり、かえって負担増」との
回答でした。

紙QSLの大幅削減による赤字解消はなかなか道が遠いようです。

事務局から、JARLが長野県に所有していた土地(山林)の買収がようやくまとまりそうだという報告がありました。
また赤字解消のため毎年取り崩している「会館建設積立資産」については今後名称変更が図られるようです。

やはり身の丈にあった運営がされなければ組織に未来はありません。
積立金はそれこそ次世代の育成やアマチュア無線の普及に使われるべきでしょう。
今回の社員総会終了と同時に社員の任期も終わりました。そして翌日から次の任期に入っております。
無投票ではありましたが、引き続き力を尽くしていきたいと思います。

お知らせですが今週7月16日(土)~17日(日)は恒例の関西アマチュア無線フェスティバル(関ハム)が大阪府池田市
で開催されます。今年ももちろん行きます!会場でお会いしましたらよろしくお願いいたします。
KCJブース等をうろうろしていると思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2拍手ランキング
FC2拍手ランキング
プロフィール

JE6HCL

Author:JE6HCL
JE6HCLのブログへようこそ!

FC2拍手ランキング
カウンター
カテゴリ
JE6HCL's掲示板
ご意見など、お気軽にどうぞ。
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR