JARL第5回定時社員総会 準備書面

みなさんこん**は。

先週は仕事がQRLLでEスポシーズンでしたが無線はちょこっと家から遊ぶ程度でした。
さて、年1回のJARL定時社員総会が6月26日(日)午後、東京で開催されます。
そこで、その準備書面(事前質問)を今週初めに提出いたしました。

今回の総会議題は第1号議題 平成27年度決算の件、第2号議題 役員選任の件、第3号議題 定款の変更の件、以上3つが用意されており、報告事項として(1)平成27年度事業報告、(2)平成28年度収支予算、(3)平成28年度事業計画、が予定されています。

前年度は「創立90周年事業」(先週日曜日6/12が"その日"でしたが、"90Y"局もあちこちQRTで盛り上がらず終わりましたね・・・)を中心に色々ありました。
言い出したらキリが無いのですが、総会の時間にも限りがあり、やたら質問をしたところで最後は雑な答弁に終始されてしまいますので、準備書面はA4、1枚にまとめました。

社員総会準備書面JE6HCL 
特に定款の改正は名誉会員の中から名誉会長を置き、アマチュア無線の活性化につなげるというものですが、名誉会員は現在1名(長年JARL会長をされたH氏のみ)、ここから名誉会長を置くというのは全く解せない話です。
この点については他の社員からも色々と意見が出そうですが・・・。

そして、会員の大きな関心事であるのがQSL転送の関係でしょう。QSLの転送だけが目的でJARL会員になってます。という方も多くいらっしゃると思います。
"島根ビューロー"では毎月100万枚の紙QSLカードの仕分けと転送が行われているわけですが、その費用たるや膨大。
昨年度は「QSLカードが信書便かどうか」という問題で発送方法が変更となり莫大な予定外の送料負担が生じました。

もう世界的にはLoTW(ログ照合システム)や電子QSLの普及でアワード申請等もペーパーレス化が進んでいる時代です。
いつまで紙でやってんの?と思いながらも、私も紙QSLには愛着がありますHi
バンド・モード、QTHの重複分でも構わずQSLを送られる方もおられますが、もう少し効率化したいところ。

電子QSLについては昨年の総会でも質問したのですが、結局、1年経っても何ら議論や方向性が見えない。
ARRLにように国内同士のQSL転送は廃止、とまではいなかくても電子QSLの普及で少しでも紙QSLを減量したいと思うのですが。

私の中では紙QSLを半減させて、浮いた分を赤字の穴埋めや新規事業に回して赤字財政からの脱却、若年層への支援の財源としたいと思っています。財源なくして何らかの事業をやるのは不可能です。

それで"スカスカ"でも送られてくる「箱」が発送方法としてそもそも妥当なのかどうか(以前のブログでも書きましたが・・・)、数十枚程度しかQSL交換をしないほとんどの会員との不公平感の具体的根拠。このあたりも明らかにしたい。

そういう思いを持って準備書面を作成しました。
準備書面はあくまで「優先的に回答を受けられる」という種類のものですので、当日の質問ももちろん可能です。

選挙制度から始まって、九州だと宮崎県支部長の長期不在など、あらゆる問題がありますが、そういう状況にも関わらず、昨年、初めて総会に参加して一番強く思ったのは”出席社員の2/3は何ら発言することもなくイスに座ってるだけ” という事実。
旅費や会場使用料など総会には360万を超える大きな予算がかかっています。赤字財政のJARLにあって、出席される方はその意味を考えていただきたいと思います。座ってるだけの社員を全てクビにするならあと2回は実のある会議が開けますよ(苦笑)

皆様方のお近くで社員の方を見かけたらぜひ、"ケツを蹴り上げて"奮起をうながしてくださいね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

RILさんへ

 コメントありがとうございます!
JARLに対しては言いたいことが山ほどありますHi

 微力ながら頑張りますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします☆
訪問者
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2拍手ランキング
FC2拍手ランキング
プロフィール

JE6HCL

Author:JE6HCL
JE6HCLのブログへようこそ!

FC2拍手ランキング
カウンター
カテゴリ
JE6HCL's掲示板
ご意見など、お気軽にどうぞ。
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR