JARL社員総会報告②

みなさんこん**は。

先週末はALL ASIAN DXコンテスト(CW)に参加しました。
今年も14MHzで参加し、昨年を随分上回る局とQSOできました。
DXコンテストの入賞はうちの設備では極めて難しいですがログは出しました。

さて、前回から少し時間が空きましたが社員総会報告の続きです。
第1号議題の可決に続いてJA3HXJ 長谷川氏死去に伴うJG3CCD 石本氏の理事関西地方本部長就任の承認を求める第2号議題の審議に移りましたが、ここで石本氏の理事就任を何としても否決したい3エリア選出の社員、支部長が騒がしくなりました。
会場入り口で、社員にこの第2号議題に関しての資料を配布していたようですが、ある3エリア社員が「会場内で配布させろ」と言い出したのです。
bell.jpg
▲開会前の会場(ベルサール)入口。ジョギングしている人(オレンジのシャツ)の先で「資料」配布が行われていた。

これは事前に事務局に提出する総会質問準備書面に関して、その添付資料(石本氏のブログの写し)を「中傷の可能性がある」として事務局が削除した上で各社員に配布したことによります。

議長がこれを混乱を招くためとして制すると、大阪支部長が休憩を求め、会場の外で資料の配布を求めたのですが、これも「休憩は採決後に」として議長が制しました。
私が見た限り、今回の議長JH1LWP 島田氏は大変、円滑かつ公平に議事運営をされていました。

さて、JARL職員が出席社員全員に石本氏に関する履歴(学歴)を書いたA4一枚の資料を配布しました。
この資料は個人情報にあたるため採決後、事務局が回収するので各社員はコールサインと名前を記入するのですが、何名かの社員は筆記用具を持ってきておらず事務局が貸し出していました。
筆記用具を持って来なかった社員諸氏は総会の内容を全て記憶して、支部や地元に帰って報告するのでしょうか。社員は高齢者がほとんどでしたがすごい記憶力の持ち主が多いのでしょう。

採決の結果は既報のとおり賛成13票、保留8票、反対多数(104票)で否決となりました。
以後、3エリアの方々は質問することもなく借りてきたネコのようになってしまいました。目的が達せられたためフェードアウトされたのでしょう。

私はこの第2号議案について、賛成票を投じた13名のうちの1名なのですが、それは石本氏が関西地方本部選出の候補であり、3エリア以外には投票権が無かった。また660名もの3エリア会員が投票しており、多数の会員の意向を他エリア選出の社員が否定することは、著しく民意に反する行為に当たるためです。

理事の選任に関して、現行の会員の選挙で「理事候補者」を選出し、それを社員総会に諮る制度は極めて機能不全であり、過去の社員総会でも毎回、公正な選挙によって選ばれた候補者の理事就任が妨げられる結果を招いていることは周知のとおりです。また毎回こう言ったことが行われることで嫌気がさした会員の退会も相当数招いております。

自分たちの身勝手な意見で会員の意向に反する投票行動を行っている社員のたちは会員の退会によって減少した会費分を補填してくれるんでしょうかね。

つづく
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

よ~く考えてみてください

>それは石本氏が関西地方本部選出の候補であり、3エリア以外には投票権が無かった。また660名もの3エリア会員が投票しており、多数の会員の意向を他エリア選出の社員が否定することは、著しく民意に反する行為に当たるためです。

では660名の推薦で理事になった石本氏が果たして理事にふさわしいかどうか?もっと3エリア以外の会員の意志も必要ではないでしょうか?
JARL運営は会員総体の代表であるべきです。
660人の代表には任せるわけにはいきません。
3エリア以外の社員も石本氏の過去の言動をよく承知していますから反対をされたと思います。
私も過去のJARL総会での彼の行動を見てきていますが到底JARLを運営する理事にふさわしいとは思えません。

よーく考えてみても

社員も、元評議員さんも会員の代表だったのでしょう?ところが多くの社員が会員の意志と反対の行動をする方が多いようです。以前は会員対理事の攻防でしたが、今は会員対社員の攻防に変わっています。この様な状況では社員は形だけであって会員の代表として選ばれたとは、とても思えません。
訪問者
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2拍手ランキング
FC2拍手ランキング
プロフィール

JE6HCL

Author:JE6HCL
JE6HCLのブログへようこそ!

FC2拍手ランキング
カウンター
カテゴリ
JE6HCL's掲示板
ご意見など、お気軽にどうぞ。
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR