全市全郡コンテスト

みなさんこん**は。

この連休は12日~13日までJARL主催の全市全郡コンテストがありました。このコンテスト、ナンバーが長ったらしい上、どうしても入賞できないので大嫌いだったのですが、今年は13日がお休みだったので「6度目の正直」を狙って6年ぶりに本格的にトライしました。

部門は今回も一番勝てる可能性のある144MHz CW。6m&DOWN、フィールドデーと同じ阿蘇市(JCC#4314)から移動運用で参加しました。
KIMG0290aso.jpg

12日夜の時点で昨年の入賞局の3倍近いスコアになったので止めても良かったのですが、翌日の夕方ももう一度登り阿蘇の雄大な日没を眺めながら「ダメ押し」しました。今回もCQの9割は空振り、最長2時間空振りという心が折れそうなコンテストでしたが、入賞だけを妄想しながら頑張り続けました。おかげさまでここ10年ではぶっちぎりの入賞圏内、昨年の入賞局の5倍を超えるスコアを達成できました。JARL主催コンテストで唯一、入賞がありませんでしたが、どうやらジンクスを破れそうです。
また、今回はQSOの半分以上が4エリアの局になりました。微弱な波にもかかわらずコールいただいた各局、ありがとうございました。QSLカードはいつも通りJARL経由で発行します。


さて、近着QSLを紹介します。まずは4K6FO(アゼルバイジャン)21MHz CWでのQSO。本人から2ヶ月半。
4k6fo.jpg

次はIOTA関係でKL7NWR(アラスカ・アッツ島NA-064)、14MHz SSBでQSO。オペレーターの1人でQSLマネージャーのKL2HDから3ヶ月。
第二次大戦中、日本軍が玉砕したアッツ島の戦いも記念しての運用だったそうです。
写真の山の向こうに日米両軍の陣地が築かれていたようです。
同封されていたメモによればQSLマネージャーのKL2HDさんはこの運用で骨折してしまい、QSLの発行が遅くなったとありました。玉砕した日本軍の祟りでしょう。

いずれにしても平日の昼間しか運用してなかったので僅かな局しかQSO出来なかったようですが、たまたま休みの日と重なりラッキーでした。
kl7nwr.jpg

最後はまたIOTA関係ですが、RU6DX/P(ロシア・黒海沿岸の島EU-185)、21MHz CWでQSO。本人から2ヶ月半。
IOTAコンテストに合わせての運用だったようで写真のように砂州にテントを張って運用していたようです。
ru6dx.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2拍手ランキング
FC2拍手ランキング
プロフィール

JE6HCL

Author:JE6HCL
JE6HCLのブログへようこそ!

FC2拍手ランキング
カウンター
カテゴリ
JE6HCL's掲示板
ご意見など、お気軽にどうぞ。
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR