JARL第5回定時社員総会報告①

みなさんこん**は。

このブログでもお知らせしたとおり、先週、6月26日(日)東京で行われた第5回定時社員総会に出席しました。
総会での決定事項や新役員等についてはJARLのホームページで公開されていますので、そちらをご参照ください。
http://www.jarl.org/Japanese/2_Joho/News2016/2016_news-6.htm#0620

さて、今年も3回ほどに分けて、私が見た総会の様子をお知らせしたいと思います。
会場は前回までと同じ都庁に近い新宿中央公園すぐ西側のベルサール西新宿です。
KIMG2110.jpg

KIMG2111.jpg

席はこれも昨年同様、一番後ろです。
KIMG2114.jpg

総会の開会に先立って会員が増加した支部の表彰がありました。
開会は予定通り13:00。定年によって退職するJA7AIW 山之内会長が挨拶されました。
P103075820.jpg
会員増強キャンペーンのお陰で減少幅が最小だったと話しておられました。

そして出席社員の中から議長・副議長の選出。
今年はJA1STY鈴木氏が議長、JH1NLL安部氏が副議長に指名されました。

続いて総会成立審査があり、社員数127人に対して12:50現在の出席116、議決権行使書面4、委任による出席1の計121で、
総会が成立している旨、事務局から報告がありました。

議事の1つめ第1号議題は平成27年度決算の件でした。
今年は準備書面(事前質問)が私を含め36名から提出されており(昨年の2倍)、その回答という形での議事進行となりました。
第1号議案に関しては「創立90周年事業」に関する質問が中心で、費用対効果を尋ねるものが多くありました。
事務局からの説明によれば500万円ほどの予算を投じ、650万円ほどの収入があったとのことでした。

そして、ここから議事が進まなくなったのですが・・・
3エリアの社員から、関西アマチュア無線フェスティバル(関ハム)の補助金に関する位置付けについて質問が出されており、山之内会長との間に延々、かみ合わない議論が交わされました。

関ハムに対しては毎年、JARLの「広報費」から50万円の補助が出ているそうですが、昨年度は関ハム側が応募もしていない
「会員増強企画」に位置付けられたいうものです。
関ハム側は「イベントはアマチュア無線の振興が目的で会員増強では無いので、この項目での支出はおかしい」という主張でしたが、会長側はそれに関する明確な答弁をせず、延々とやり取りが繰り返されました。

どの費目からカネを出すの出さないのなどと言う話はおよそ一般会員に取れば関係無い話で、また関ハムに行く人間も会員の割合にすればごく僅かなわけですので、これは聴いていて実にくだらないやり取りで、極めて時間のムダになったわけです。

議事運営も昨年のJH1LWPさん等は非常にスムーズな運営をされていましたが、今年は議長経験が浅い方のためか、なかなか上手く進められなかったようです。

結局、挙手による採決が行われ、14:52、賛成多数で第1号議題は可決となりました。
私も賛成に挙手しております。

昨年から比べ少し改善が見られたのは、昨年度の総会で提案があった決算書類でした。
これまでは国の指示に従って、公益目的等3つに分かれたバラバラの書類で、いちいち計算しないと全体の数字が見えませんでしたが「参考資料」として全てトータルした数字の表が示されていましたので、社員としては分かりやすくなっていました。
なお、昨年度も6,000万円の赤字です・・・。

(続く)
スポンサーサイト

オール群馬コンテスト結果

みなさんこん**は。
梅雨が本格化して憂鬱な天気が続いてますね。
無線のコンディションも良くありません・・・

さて、先月21日~22日に開催されたオール群馬コンテストの結果が早くも発表されました!
http://www.jarl.com/gunma/agc2016_result.pdf
今年も14MHz 電話部門で参加しました。
結果は辛勝Hi
県内局が全然いませんでした。
allgunma.jpg
どこのコンテストも役員の高齢化等で年々、結果の発表は遅くなるばかりですが、ここは毎年、早いですね!
迅速な結果の発表でまた参加したくなります☆

さて、昨年、開催されたXPO記念コンテストの賞状が届きました。
関西地方本部主催のコンテストですが年々、結果の発表、賞状の発送とも遅くなっています・・・
xpo201520.jpg

近着のQSLを紹介します。
まずはJA3CWC 浦田OMが昨年10月、韓国・鬱陵島(IOTA:AS-045)から運用されたQSL。7MHz SSBでつながりました。
OMあてにSASEを送り、8ヶ月。AS-045はNewでした。
hl5zbc40.jpg

さて、ビッグDXペディションのQSLが2枚届きました☆
まずはVK0EK(ハード島)、14MHz CWたった1つでしたがコールバックがあった時の感動は今も覚えています。
OQRSを利用して2ヶ月でした!たっぷりドネーションもしました。
vk0ek40.jpg

そしてEP2A(イラン)、こちらもブランドニューでした!年度初めと震災で仕事がQRLLLの時期でしたが、たった1度聴こえた
21MHz CWで何とかQSOできました。
ep2a40.jpg

うちのようなアパマンのしかも最下層階からでもこんな地の果てのような所とQSOできる、アマチュア無線の醍醐味だと思います。

JARL第5回定時社員総会 準備書面

みなさんこん**は。

先週は仕事がQRLLでEスポシーズンでしたが無線はちょこっと家から遊ぶ程度でした。
さて、年1回のJARL定時社員総会が6月26日(日)午後、東京で開催されます。
そこで、その準備書面(事前質問)を今週初めに提出いたしました。

今回の総会議題は第1号議題 平成27年度決算の件、第2号議題 役員選任の件、第3号議題 定款の変更の件、以上3つが用意されており、報告事項として(1)平成27年度事業報告、(2)平成28年度収支予算、(3)平成28年度事業計画、が予定されています。

前年度は「創立90周年事業」(先週日曜日6/12が"その日"でしたが、"90Y"局もあちこちQRTで盛り上がらず終わりましたね・・・)を中心に色々ありました。
言い出したらキリが無いのですが、総会の時間にも限りがあり、やたら質問をしたところで最後は雑な答弁に終始されてしまいますので、準備書面はA4、1枚にまとめました。

社員総会準備書面JE6HCL 
特に定款の改正は名誉会員の中から名誉会長を置き、アマチュア無線の活性化につなげるというものですが、名誉会員は現在1名(長年JARL会長をされたH氏のみ)、ここから名誉会長を置くというのは全く解せない話です。
この点については他の社員からも色々と意見が出そうですが・・・。

そして、会員の大きな関心事であるのがQSL転送の関係でしょう。QSLの転送だけが目的でJARL会員になってます。という方も多くいらっしゃると思います。
"島根ビューロー"では毎月100万枚の紙QSLカードの仕分けと転送が行われているわけですが、その費用たるや膨大。
昨年度は「QSLカードが信書便かどうか」という問題で発送方法が変更となり莫大な予定外の送料負担が生じました。

もう世界的にはLoTW(ログ照合システム)や電子QSLの普及でアワード申請等もペーパーレス化が進んでいる時代です。
いつまで紙でやってんの?と思いながらも、私も紙QSLには愛着がありますHi
バンド・モード、QTHの重複分でも構わずQSLを送られる方もおられますが、もう少し効率化したいところ。

電子QSLについては昨年の総会でも質問したのですが、結局、1年経っても何ら議論や方向性が見えない。
ARRLにように国内同士のQSL転送は廃止、とまではいなかくても電子QSLの普及で少しでも紙QSLを減量したいと思うのですが。

私の中では紙QSLを半減させて、浮いた分を赤字の穴埋めや新規事業に回して赤字財政からの脱却、若年層への支援の財源としたいと思っています。財源なくして何らかの事業をやるのは不可能です。

それで"スカスカ"でも送られてくる「箱」が発送方法としてそもそも妥当なのかどうか(以前のブログでも書きましたが・・・)、数十枚程度しかQSL交換をしないほとんどの会員との不公平感の具体的根拠。このあたりも明らかにしたい。

そういう思いを持って準備書面を作成しました。
準備書面はあくまで「優先的に回答を受けられる」という種類のものですので、当日の質問ももちろん可能です。

選挙制度から始まって、九州だと宮崎県支部長の長期不在など、あらゆる問題がありますが、そういう状況にも関わらず、昨年、初めて総会に参加して一番強く思ったのは”出席社員の2/3は何ら発言することもなくイスに座ってるだけ” という事実。
旅費や会場使用料など総会には360万を超える大きな予算がかかっています。赤字財政のJARLにあって、出席される方はその意味を考えていただきたいと思います。座ってるだけの社員を全てクビにするならあと2回は実のある会議が開けますよ(苦笑)

皆様方のお近くで社員の方を見かけたらぜひ、"ケツを蹴り上げて"奮起をうながしてくださいね。

JARLからのQSLを整理しました!

みなさんこん**は。

6月1週目はローカルコンテストがバッティングしまくるコンテストウィークでした。
毎年思いますがどれか日程を変えればもっと盛り上がるのに・・・
隣県同士かぶっているところもあり、目も当てられません。
さて、今年も山のようにあるコンテストの中、"勝てるもの""賞状/副賞がFBなもの"を基準に
オール神奈川、KANHAM、石狩後志支部、ALL JA1の4つに絞って勝ちに行きました。
オール神奈川は昨年、1局差で入賞を逃しましたが、今週はコンディションも良く、交信数は昨年の2倍、スコアは3倍近くになり、
恐らく史上最高の記録を樹立できたと思いますHi
石狩後志支部コンテストは今ひとつでしたがKANHAMコンテストも過去最高、ALL JA1も自己ベストを更新できました。
各コンテストでQSOいただいた皆様ありがとうございました!

さて、先週、5月28日にJARLから届いたQSLの整理が終わりました。
KIMG2072.jpg
今回も箱でしたが、今回から佐川急便にまた戻りましたね。JPだと単身者には受け取りが大変で困っていましたが、市内に支店は無いものの佐川は24時間受け取りが可能なので助かります。
3月より少し増えて729枚、DXは60枚で過去最多でした。
KIMG2074.jpg

珍しいところはありませんがDXのQSLを何枚か紹介します。
まずは4U1GSC。2013年8月に21MHz CWでQSOしました。国連グローバルサービスセンターのクラブ局です。
"4U1"ですがエンティティはイタリアです。QSLマネージャーはクロアチアの9A2AA。QTHイタリアのブリンディシ(Brindisi)は森鴎外の『舞姫』の舞台ですね。
4u1gsc40.jpg

次は昨年ITU150周年記念で運用されたスペインの記念局AO150A。21MHz SSBでQSO。QSLマネージャーはスペインのアマチュア無線連盟(URE)EA4URE。アワードももらっています。今回ほかにAO150H、AO150I、AO150OのQSLも入ってました。
ao150a40.jpg

次は韓国。HL15UG。光州で昨年8月に行われたユニバーシアード大会の記念局。7MHz CWでQSO。QSLマネージャーは日本語も得意なHL4CCM/KIMさん。
hl15ug40.jpg

次も韓国。HL0EVA。記念局ではありませんが昨年、公州市であった「百済文化祭」の記念運用。7MHz CWでQSOしました。
古代朝鮮の百済と日本(当時の倭国)は仏教の伝来など非常に親密な間柄でしたが、QSLは現代中国語でも表記されてますね。
hl0eva40.jpg

そしてブルガリアの記念局を2つ紹介します。
毎度おなじみの月ごとにキリスト教の聖人に因んだ局を運用しているLZ1KCPさんとこの昨年9月分。LZ129WNLS。21MHz CWでQSOしました。
lz129wnls40.jpg

おなじくブルガリアで昨年、IARU90周年記念で運用されたLZ90IARU。21MHzと24MHzのCWでQSOしました。
QSLマネージャーはLZ1BJ。
lz90iaru40.jpg

次はヨーロッパのフェロー諸島(デンマーク領)21MHz SSBで2014年3月にQSOしました。QSLマネージャーはM0URX。
oy1of40.jpg

最後はXX9TYT(マカオ)2012年の運用分です。21MHz SSBでQSO。QSLマネージャーはIZ8CCW。
xx9tyt40.jpg

さて、ようやく昨年のJIDXコンテスト(CW)の結果が発表されました。
http://jidx.org/jidx2015cw-all.html
14MHzでエントリーして初入賞です!上位とは大差ですがJA6エリアで1位でした。6エリアにQSYしてからのDXコンテストの入賞も初めてでした。
jidx2015.jpg

これで昨年参加のコンテストは全て結果が出ました。24のコンテストにエントリーして入賞は18(うち1位は13)。勝率7割8分。
目標の「年間20勝、勝率8割」には届きませんでしたが、まずまずの出来だったと思います。

今年も"コンテストで負けない局"を目標に頑張っています。
毎回のことですがコンテストは「参加することに意義がある」では無くて"勝負は勝ってなんぼ"
勝てないなら理由があるはずで、たとえ入賞を逃したとしても次は問題点をクリアして絶対に勝つ!そういう気持ちで気迫で相手を圧倒したいと思います☆

5月のアクティビティ

みなさんこん**は

5月も終わってしまいました。無線の方は時折出るEスポでHFハイバンド~6mが賑やかです。
コンディションにも助けられ5月のアクティビティは601QSO(うちDXは81)でした。

さて、以前CQ誌に紹介されていた日独友好アワード(JAIG)の条件をクリアしていることが分かりましたので
早速、21MHz CW特記で申請しました。受領までに5日間と早かったです☆
JAIG20.jpg

クラス1と2があります。ルールは下記URLから。
http://www001.upp.so-net.ne.jp/ja9iff/home.html

ダイレクトで送ったQSLも続々と戻ってきています。
まずは今年3月DLのチームがペディションを行なったTX7EU(仏領マルケサス諸島)3バンドでQSOできました。OQRSを利用して2ヶ月。
tx7eu40.jpg

それから世界中からQRVしているUA4WHX/Vladの運用分3枚。
まずは4W0VB(東ティモール)色んなバンドでQSOできました。2012年の運用。
4w0vb40.jpg

そしてEY8/UA4WHX(タジキスタン)こちらは21MHzと24MHzいずれもSSBでのQSO。同じく2012年分です。
ey8ua4whx40.jpg

そして昨年、数ヶ月かけて北極海沿岸からQRVしてた時の分。RI0POL(船の上から)2回QSOできました。
旅の軌跡が4つ折のQSL全体にプリントされていてFBです。いずれも本人宛にまとめて請求し、7ヶ月でした。
ri0pol20.jpg

最後はカナダのIOTA関係でVE7ACN/7(NA-051とNA-061)いずれも今年3月の運用です。OQRS利用で1ヵ月半。
ve7acnna05140.jpg

ve7acnna06140.jpg

6月最初は国内コンテストが山盛りのコンテストウィークです。幸い今年も休みなので"入賞できそうなコンテスト"にエントリーします。聴こえてましたらお相手ください。
訪問者
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2拍手ランキング
FC2拍手ランキング
プロフィール

JE6HCL

Author:JE6HCL
JE6HCLのブログへようこそ!

FC2拍手ランキング
カウンター
カテゴリ
JE6HCL's掲示板
ご意見など、お気軽にどうぞ。
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR